TOP
46.79score

たぬぽそ

スポンサーKataribe

日本が誇る名作アニメ『ルパン三世』

私が、子供に見せるのであれば日本が生んだ名作アニメ『ルパン三世』を見せたいと思います。
ルパン三世は、モンキー・パンチ先生が作り出したキャラクターで1967年に登場して以降、今でもその姿は語り継がれ、新作アニメーションも登場しています。

このアニメの教訓は、「何事にも立ち向かう精神」ではないでしょうか。
ルパンは、どんな敵にも動じず、ぶれない芯を強く持っています。時には、恋に落ちてダメになってしまうことも・・・。
しかし、ルパンの持つ「何事にも立ち向かう精神」は、今の子供たちに教えておくと良いと思います。

どんなにつらいことがあっても、どんなに乗り越えられなさそうな壁があったとしても、チャレンジしてみなきゃ結果は分かりません。
よく言われる言葉があります。それは「宝くじは買わないと当たらない」です。
まさにその通りで、宝くじは買わなきゃ絶対にあたることは無いのです。

もし、乗り越えるのがつらそうな壁にぶち当たったとしても、チャレンジしてみれば案外簡単に乗り越えられてしまったという事もあるかもしれない。だからこそ、チャレンジしてほしい。

ルパン三世から持ってくるとすれば、2015年から放送されているシリーズの第13話「ルパン三世の最期」から。

この話は、ルパンが銭型警部に逮捕されてしまい、脱獄を図るという話です。
一見、子供には見せられないような話ですが、これにはルパンの綿密な計画がありました。

このように、ルパンは綿密な計画を練り、長い時間、辛抱しながら脱獄を図っているのです。

もし、私が親ならば自分の子供に「辛抱強く耐えればきっといいことがある」という事を伝え、ルパン三世を見せたいと思います。

.

最終更新日:2016-01-05 22:01

コメント (0)